2018年10月 2日 (火)

新しい環境で・・・

二学期の初めの9月1日から新園舎を使い出しました。
お茶会を経て お誕生会を経て・・・・・
今度の職員室は長方形のスペースで
とても使い勝手が良いお部屋です。

ようやく我が家と園舎が切り離されたので
仕事とプライベートも切り離して考えられるように・・・・。

最近は少し仕事の内容や量的にもセーブするようになりました。
もう年齢的にはとっくに現役を引退している次第で
何をこのように いつも自分を仕事に駆り立てているのか
先が見えてきた自分自身をしっかり考えていかなければ・・・。

また市オケにも参加しようと思っています。
今 園庭の造成が始まりましたが
全部完成するのは初冬の頃になりそうです。

2018年8月20日 (月)

やはり一抹の寂しさが・・・

今日から新園舎へ引っ越しに向けて動き出しています。

事務室のロッカーなどは専門業者にお任せするため
その打ち合わせと下見があったり
コピー等複合機は この際新しいのに取り替えるので
その業者の方と契約やら打ち合わせやら・・・・
4台あるピアノもやはり専門業者に依頼することになり・・・
目に見えない出費もかさみそうです。

今日はずっと二階園長室にいました・・・・。
ロッカーの整理をして この際不要なものは一気に破棄しようと。
ところが出てくる書類は 20年前30年前のものは いろいろ苦心して
その当時の当局とのやりとりや 異年齢保育を貫こうと・・・
いろいろ苦心して 苦心した・・・ という経緯を想い出しました・・・。

そんなこんなの上に今があるのかなあ、と・・・
バッハのチェロソナタや無伴奏バイオリンソナタ、・・・
何故かきょうはそんな淋しい感じの曲ばかり聞きながらの作業でした。

新しい園舎で過ごすこれからの生活にワクワクする思いもあれば
きょうはちょっとセンチメンタルに懐古的になって
一抹の寂しさに どうしようもないひとときを持つ羽目になりました。

yahari

2018年8月 1日 (水)

今年の夏休みは・・・

毎日35度を超える猛暑の日々です。
でも、おかげさまで園舎内はエアコンが効いていて
汗だくな仕事環境ではなく 日々のルーティンワークを頑張っています。


待ちに待っていた新園舎は 足場の鉄パイプも取り払われて
白い外壁の色が西日に映える姿を見せて 
園庭だった敷地いっぱいに建てられています。
本当に嬉しいです。

今日の建設会議は もう園庭のデザインを示される段階まで来ました。
今月に終わりごろには 旧園舎が取り壊される予定です。
三十六年間 本当にお世話になりました。
ありがとう!!!

ということで 市オケのファミリーコンサートが9月にありますが
練習もできないので 思い切って休むことにしました。
少し残念ですが 今、やらなければいけないことが山積みなので
この際 頭の中も整理整頓!!します。


2018年6月24日 (日)

次第に変わっていく環境の中で・・・

この2月に起工式を経て、園庭いっぱいに新園舎が姿を現しました。
2階集会室の窓から その全容が見ることができます。
もう外側はほとんど出来て もう 内装工事に入っているようです。

夏休み明けには新しい園舎で保育が始まります。
旧園舎は直ちに解体撤去され
今度は西向きの園庭が造成されます。

それに伴い私どもの住まいにしてきた部分も解体されるので
西側にくっついている自宅部分をリニューアルして
先週から住み始めているのですが
いずれ終の棲家になることを考えると
この際思い切った断捨離をしなければ・・・・!!

この歳になって住環境が変わるのは正直しんどいですが
スリムな環境に身を置いて 快適に過ごしたいものです。

少し防音工事を加えていただいたので
夜中に楽器を弾いてみたり
リビングがシアタールームとなって
録画撮りしたN響アワーを鑑賞したり・・・・

夢中で突っ走った三十五年・・・ですが
これからは少しゆったりとした時を過ごしたいと思うこの頃です。

                                  

2018年4月19日 (木)

あちこちで新学期を迎えて・・・

先週は入園式、始業式、そして保護者会と
幼稚園は一気に新学期を迎えて 園内は活気づきました。
実は孫息子も中学生になり
毎朝徒歩45分かけて新一年生の生活が動き出しています。

そんなこんなで 市オケを続けてお休みしてしまいました。
今週末は 年1回の総会があり そのあとの練習は
ベートーベンの序曲「レオノーレ」の初見大会!だそうです。
さっそくCDとスコアを買いましたよ。
見れば なんとかいけそう!!
頑張って弾いてみよう と やる気が湧いていきました。

2018年3月25日 (日)

激動の三学期でした

昨年の12月は身内で嬉しいことがあり
それも努力の結果、得ることができたとあって
母子で電話越しに嬉しさを分かち合っているのをそばで聞いていて
私も内心すごくすごーく嬉しい結果でした。

それがお正月を境に 一転して
離れて住む身内の安否が取れなくなって
仕事の忙しさに気を紛らすうちに家族にもその不安さが伝わって
1月と2月は大げさな表現かもしれませんが
苦しさにのたうち回る日々でした。

孫のクラス担任や教務主任の先生には
本当に本当にお世話になって おかげさまで解決の糸口を見いだし
無事に卒業式を迎えることができました。

式場で在校生と卒業生の合唱と言葉の掛け合いに
思わずジーンと熱くなる思いをしました。
ふと 教務主任の先生もお顔を紅潮させておられたようで
孫の通う学校の先生の素晴らしさに
ただただ胸が熱くなり 感服するのみ・・・でした。

あっという間に卒園式、修了式 そして卒業式が終わりました。
これから月末までは年度末の諸々の提出書類の作成や
複雑膨大(?)な財務処理が控えています。
この歳になって まだやるべき仕事を持って生きていることに
ありがたく、幸せだと感じるこの頃です。

激動の三学期、今、ブラームスのシンフォニー3番を聴きながら
そして ビバルディの合奏協奏曲のあれこれを聴きながら
年度末の処理万般と4月5日のフォーラムに向けて
さあ しっかり歩んでいかなければ・・・・。

2018年1月 8日 (月)

ビオラに魅せられ・・・・

福島市民オーケストラの初練習が昨日ありました。
今回の客演指揮をしてくださる高関健氏の指導なので
午後1時半から午後7時半まで 休憩を挟んで6時間におよぶ練習でした。
デュカス、ブルックナーともにすごーくエネルギーの要る曲です。

午後4時を過ぎて休憩時には ビオラパートの面々は後方のプルトあたりに円座になり
持ち寄ったクッキーやチョコレートをほおばりながら談笑のひとときを過ごしましたが・・・・
後半19時を過ぎる頃は 三十二分音符の連続をフォルテッシモで弾くあたりでは
右腕はこわばり 左腕は休符の続くところで楽器を支えている肩や手を下げて振ってみたり・・・
ブルックナーの第四楽章は終曲に向かって これでもか!これでもか!と力を振り絞る弾き方で・・・
終わってみれば 両腕両肩ともにもうバキバキ・・・・、
本番は大丈夫かなあと・・・・。

今朝 起きてみると 昨晩のドッと襲った疲労感は見事に消し飛んでいて
爽快感さえ覚えたことにビックリです。
ビオラはバイオリンからするとサイズが大きい楽器なので
微妙に体力が要求されるのですが・・・・。
中音部を担当するので オケで弾くとき他のパートを良く聴かなければなりません。
あまり目立たない位置なのですが 弾いてて楽しいですし・・・
こんなことに やはり音楽を続ける、
あるいはオケでビオラ弾きをやめられない理由があるのかもしれません。

 

2018年1月 5日 (金)

新年の仕事始めです・・・

今日は仕事始めの日です。
年末年始の休暇中にこそ園長室をきれいにしようと
思っていたのが やはりできませんでした。
とにかく本日は職員の皆さんと年頭の挨拶から始めましょう。

リビングの私の所定位置のテーブルは・・・
なんとか片付けができていて
左手を伸ばせばオーディオのリモコンスィッチをオンできます。
ハース版ブルックナーNo.8 の特製スコアのページをしっかり開いて
2001年に録音されたギュンター バント指揮ベルリンフィルのCDを聴きながら
ようやく全楽章をひととおり目を通すことができました。

演奏時間が八十分を超えるこの曲は・・・、
でも不思議なハーモニーの連続で やりがいのある曲です。
最初は ええっ、ブルックナーって、どんな曲? と・・・・
今は違います、オーケストラの中で、ビオラパートで弾くことに
なんか魅力を感じるようになった曲なのですね・・・。
我が尊敬するコンダクターS氏は いただいた賀状の中で
良い定演になりそうな予感がすると言っておられましたし・・・・。

今年は自分がやるべきこと、やりたいことをギュッと絞り込んで
何事にも能率的にこなしていこう! と・・・・・。
次は書斎の片づけと園長室の整理整頓! が待っています。

年頭の挨拶は、やはり園舎建て替えに関して、ですか・・・。
さあ、希望を大きく持って、前進! 前進!


2017年12月31日 (日)

来年へのハードルは高い?

大晦日がまたやって来ました。
昨日 合格祝の小旅行から夜遅く帰福して
全然手を付けていない大掃除(?)をやらねばなりません。
お正月飾りも今日一日でしてしまうって・・・
ほんとうは一夜飾りはいけないって昔からの言い伝えにあるようですが
もういいです、私には私的なやり方があってもいいかって・・・。

このところ将棋にはまっていて
一昨日も 搭乗前の2時間をロビーで将棋盤に向かい合っていました。
来たる年への抱負は、というと
大部分は仕事上のことばかりになりますが
仕事から離れたエリアで いくつもの目標を持っていこうと・・・・。

もう先が見え始めた年齢になりました。
「断捨離」という言葉を噛みしめています。
何を残すか、何を断つか、そして・・・・
きょうは雪も降っていないし
用足しの運転中の車の中で
ラフマニノフ(!)を聴きながら
ゆく年くる年のあれこれを考えていきましょう。
あれーっ、バッハではなくて??


«ニューイヤーコンサートに向けて

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ